2008年07月02日

おぐさくの旅シリーズ〜バリ島〜

私は幼少の頃、仏像がとーっても好きだったらしく、
仏像図鑑(←なんで実家にこんなのあるの?!)を
「のんの様、のんの様」と言っては毎日のように見てたと、
今でもおばあちゃんは嬉しそうに話す。

ということで、インドネシア文化に物凄く興味ありで、
着いた途端に「あー私、昔はここで生まれたかも」なんて
思ってしまった。
やっぱり今でも、仏像とかアジアの踊りとか神秘的なものが好きだったりする。

バリのリゾート地はクタ、ヌサドゥア、サヌールと3つあるんだけど、
なるべく日本人に会いたくないので(笑)、
欧米人がロンバケで行く、一番閑散としたサヌールに泊まる。

もう踊りや、食事や、雑貨類には大満足!!
アジアご飯はおいしー!
物価安―い!

一番の事件は、マニキュア塗りのおばちゃん達に、してやられた事だった。
吉本ばななさんの「マリカの永い夜・バリ夢日記」には
マニキュア塗りのおばちゃんについて安心みたいに書いてあった気が・・・。
で、道端にいっぱいいるので、
「両手で500円」と言うから、そこら辺に座って塗ってもらっていたら
ワラワラと何人ものおばちゃんが現われて、
両手両足に4人で塗ろうとするから
「おいおいおい」って慌てたら
「ダイジョブダイジョブ」と言われ
終了後には、「指1本500円だから!」と8本の手がニョキっと出てきて
「500円×20本!!??」と空いた口がふさがらない私に
凄い剣幕でまくし立てるので、
500円分くらいルピアで渡して、ダーーーーッシュで逃げました(汗)。ホント怖かった〜。

アジアでの過ごし方を学んだ気がしました・・・。

ラベル:旅行
posted by 桜 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック