2008年07月24日

ひい婆ちゃんの歯磨き現場に遭遇!

一昨日から2泊の予定で帰省したのだが、
昨日息子が夏風邪で、久々39℃の熱を出し足止めをくらっています。
うちの実家には、父方・母方のひい婆ちゃんが2人います。
私にとってのお祖母ちゃんです。

さっき子供たちの歯磨きで洗面所に行ったら、
ひい婆ちゃんの歯磨き現場に遭遇してしまいました。

手に「入れ歯」を持ってシュコシュコシュコと歯ブラシで磨いて
いるのを見て・・・。

「目が点」「開いた口がふさがらない」とはこのこと。
二人とも同じ表情をして、ひい婆ちゃんを見つめていました。
その二人を見ているだけで、
私はお腹が痛くなるほど笑いをこらえていたのでした。

そして歯磨きが終了し「おやすみね〜」とひい婆ちゃんが部屋に
入った後、子供達どうしたと思います?
二人揃って自分の歯が取れるか手で引っ張っていました(爆)!

今も書きながら思い出し笑いしてます。

その他も、お風呂上りのもう一人のひい婆ちゃんの
おっぱいを見て、超ビビッた息子は
「お、おかーさーん、なんかおばあちゃんのおっぱい長かったっー」
と駆け寄ってきたり。

核家族化が進む中、
世代を超えた未知の世界を学ぶのは子供にとって大切なことなのでした。
ラベル:家族・親戚
posted by 桜 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 愛すべき家族・親戚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とにかく笑いました(^O^) 二人の顔…見たかった〜

熱が早く下がりますように!なんてこれを理由に長居しちゃえ〜(^O^)
Posted by E香 at 2008年07月25日 00:08
さ、最高です!爆笑しました!
うちの姪っ子たちも小さいとき、(今は中学、高校生です)
春、夏、冬休み高知に帰省していましたが、
私の母から、世代を超えた未知の世界を学んだのかしら?
息子さん、お大事に〜。
Posted by 岡本千夏 at 2008年07月25日 09:59
なんか、自分の小さな頃を思い出す・・・。
私の祖母(物心着いた時には80歳位でしたから)の家に行ったとき
そんな風に感じてたし、自分の歯を確認したよ・・・。

誰でも通る道・・・かな?
Posted by 春風 at 2008年07月25日 23:01
>E香さん
やっと昨日帰宅できました〜。
息子メチャクチャ元気で、今日は夕方から
TくんとSこちゃんと遊んでもらっちゃって・・・。すみませんでした・・。

>千夏さん
コメントありがとうございまーす!
笑っていただけて何より嬉しいです。
(おばーちゃんゴメン!)
姪っ子さん達もうそんなに大きいんですねっ。
こちらは毎日灼熱地獄ですが、
高知もお暑いでしょうか? 
お互い暑さに負けず描きましょうね〜。

>春風さん
同じような思ひ出があったのねー!
すごい、よく覚えてるね。
なるほど誰もが通る道かぁ(笑)。
Posted by 桜 at 2008年07月27日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック