2008年08月12日

おぐさくの旅シリーズ〜岐阜'08夏〜

本日夕方、満足感いっぱいで帰宅しました!
ん〜何から書こうかな?ってくらい話題が豊富な5泊6日でした。

IMG_1106.jpg 7日、富士急ハイランド内トーマスランドへ寄って
 各務ヶ原(かがみがはら)の叔母さん宅へ。
 ジェットコースター好きの私はいつも
 「ドドンパ」「FUJIYAMA」「ええじゃないか」に、ご搭乗計画を
 密かに立てるのだが、2時間待ちとかばっかなので
 富士急4回目にして未だに乗れず・・・

 IMG_1140.jpg
次の日から、航空宇宙博物館やら、温泉やら、叔父さんの快気祝いやら、
はとこ達とメチャクチャに遊んだり、外食したり、
新盆のお経やら納骨やらで、(←お祖父ちゃんのことすっ飛ばしてゴメンナサイ!!)

キ、キタッーーーーー!
う、う、鵜飼っすよ!
ぴかぴか(新しい)
長良川沿いのホテル「石金」に、まずはチェックインホテル
お部屋から長良川は目の前、岐阜城も見えて、
子供達もお昼寝終了、ベトコンです。
(ベトコンって知ってます?=ベストコンディションなんだって。
岐阜の人は皆知ってました。では、ベトコンラーメン。知ってます?知ってます?
激辛でニンニク丸ごと入ったラーメンのことだって。醤油ラーメンのようなジャンルだそうです。)

IMG_1237.jpg・・・話それましたが、18時までもう待てない私達は、
目の前の長良川を散策。

IMG_1252.jpgそして、やっと鵜飼コース、スタート!いってみよー。
まずは船上で鮎弁当を食べる。
IMG_1273.jpgIMG_1275.jpgあっ、川の上を太鼓を叩く人達を乗せた船が・・・。
あっ、船で鮎の塩焼きが焼きたてで届けられた・・・。
あっ、船で花火とかおつまみを売りにきた・・・。
すごいビジネスの押収に驚きつつ、子供達と花火をやりつつ、
鵜飼始まりました。

IMG_1288.jpg暗い川面で、明かりは赤松を燃やしているだけ
鵜匠の手は、10〜12本の手縄の先の鵜を巧みに操る。
鮎は人の手の温度に触れると味が落ちてしまうそう。
だから鵜が、一撃で取った鮎は絶品なんだそうですグッド(上向き矢印)

クライマックスは「総がらみ」
6艘全部の鵜舟が横並びになり、浅瀬に鮎を追い込み、
巻き狩りする。
すぐ近くを鵜舟が通り過ぎた時の松明の熱さに驚く。
こんな熱い中で鵜匠も鵜も伝統を守り続けて、毎夜漁をしているのです。
1300年の伝統を守り続けているのです。
うーん、興味深い!
日本も捨てたもんじゃない。

その後、皆でタラタラと長良橋を渡っていたらお祭りの水上花火が!
その先には夜店が〜!行くっきゃないでしょ。ダッシュ(走り出すさま)
なんか久しぶりに子供化してました。
夏の夜、お祭り、夜店、花火、子供の頃から大好きです!
いとこの皆、年が近いので(私、上の方ですが・・・)、
なんかすごい楽しかったです。
欲を言えば、鵜飼事務所の裏には、
情緒あふれる昔の街並みがあるそうで、
そこもタラタラと歩いてみたかったなあ〜。
そして、長良川のスケッチもしてみたかったなあ〜。
でも、きっとまた機会があるでしょう。

もう12年も経ちますが、素敵な家族と親戚と巡り合えたことを感謝しつつ
今年の夏、後ろ髪を引かれながら岐阜を後にしました。

ラベル:旅行 家族・親戚
posted by 桜 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛すべき家族・親戚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鵜飼、数年前に観ましたが、水に揺れる松明も忘れられません。
舟、いいですね♪
旅先で舟、ボートがあると、海でも湖でも川でも、きっと乗ります。
桜さんのジェットコースター好きといい勝負?

この次は長良川スケッチも見せてくださいね。
Posted by 竹浪 明 at 2008年08月13日 12:42
>竹浪さん
船がお好きなんですね〜!
しかも鵜飼もすでにご覧になってたんですね。
本当に幻想的な素晴らしい光景でした。
長良川スケッチ、写真を見ながらそのうち描きたいと思っています〜♪
Posted by 桜 at 2008年08月13日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック