2009年06月22日

ヤモりの赤ちゃん♪

画像-005.jpg

旦那の会社でヤモリの卵が孵りました!
キャワイイ〜〜ハートたち(複数ハート)グッド(上向き矢印)

毎日帰ってきては、息子に「今日もヤモリが来てたぞ〜。」
とか「リスの餌付けに成功したぞ〜。」とか
一体何の仕事してはるの?

森に囲まれたログハウスから富士山が見えて・・・
そんな仕事環境を幸せに思う人物ここにあり。

そうそう先日、相田みつをさんのご長男の講演会を聞く機会があって
「トマトがねえ
 トマトのままでいれば
 ほんものなんだよ


 トマトをメロンに
 みせようとするから
 にせものになるんだよ


 みんなそれぞれに
 ほんものなのに
 骨をおって にせものになる」

なんかジーンときちゃいまして。
トマトのままでいなくちゃなぁ、なんて思っちゃいまして。
何が大切か、何を守るべきか体裁関係なく真っ直ぐに進む。
そんなトマトのままな人が私の周りに沢山いるなァ。

ホントにね、この心は子供達にも伝えていかなきゃいけないですね。

なんか脈略無く飛んじゃったあせあせ(飛び散る汗)
とにかくヤモリベビー可愛いぴかぴか(新しい)
ラベル:動物系
posted by 桜 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トマトはトマトのまま。そのとおりですね。きっとその人が光るステージってのがあるんです。
夏。山里。セミの声。冷たい井戸水で冷やした真っ赤なトマト。ほら、フランス料理なんか太刀打ちできないステージです。
そーゆーのを見つけながら生きていきたいなあ。
Posted by Keith at 2009年06月23日 02:32
そうなんです!
JILLAの方達もそんな人が沢山いて、
一人一人がトマトのままで、それが大きな宝物なんですよね〜。
それでその個性が様様に光っている。
だから背伸びしてメロンになんかならなくたっていいんですよね。
Posted by 桜 at 2009年06月23日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック